ワンダーデバイス DIY BESS

キシラデコール・ウッドステインプロ比較

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

2012年から3年間キシラデコールを使用していましたが2015年からはウッドステインプロに切り替え更に3年塗装してきました。

同じ年数使用してきたので両者の違いについて書きたいと思います。

スポンサーリンク

キシラデコール・ウッドステインプロ比較表

 キシラデコールウッドステインプロ  
見た目
購入時価格(16L)25,400円16,800円
1リットル当たり1,588円1,050円
塗装回数2度塗り2度塗り
塗布面積1L=約5~7平米
(2~3回塗りの合計)
1L = 約10平米 (1回塗りの場合)
乾燥時間約24時間約4~8時間
塗料粘度やや粘度ありサラサラ
1年後凝固しやすさしやすいしにくい
仕上がり1
仕上がり2
公式サイトhttps://www.xyladecor.jp/products/xyladecor.htmlhttp://www.1128.jp/paint/woodstainpro

数字関係データは各社公式サイトより引用しました。

 

数字上ではウッドステインが一度塗りで約10㎡使用に対しキシラデは約2.5㎡なので約4倍近く差があることになります。

 

しかし、壁面の他にウッドフェンスも塗装していますがどちらの16リットル缶もほぼ1年でなくなりました。

なのでこの4倍の差は全く感じないです。

実際、この数字も記事作ってて知ったくらいなので。

明らかに消費量が激しければ途中で気づくだろうし、そもそも3年もウッドステインプロ使い続けません。

 

また、個人的に2度塗りは最初の年のみでよくその後は塗装頻度にもよりますが余程間があかなければ一度塗りで全く問題ないような気がします。

 

まあ、住宅の壁面であれば引き渡し時に業者が一度塗ってるケースがほとんどかと思われますのでオーナーが塗る時は一度塗りペースでいいのではないかと。

経費浮かすために施主施行でしたらもちろん話は別ですが。

 

何度も塗装してきて慣れてきた今だから言えることだけど、

壁面塗りの施主施行で10万以上安くなるなら自分でやりますね。

でも、何もわからない状態だと難しいので最初は業者へ依頼せざるを得ないですよね。

 

我家では足場も組まず延長棒で2時間ささっとやって終わらしているので塗料代、手袋、塗装用使い捨てツナギ、ローラー代くらいしかかからないので安いし早いです。

その代り少し雑。。

 

 

 

ちなみに春と秋の2回に分けて塗装していますので結局は年2回塗っていることになりますね。

 

南向きで陽射しをモロに受けるのでこのくらいのペースでやらないと傷んでくるのです。

 

 

仕上がりも雨弾きも全く大差ありません。

上塗りしている関係でウッドステインプロの方が濃くなっちゃってますが色も変わりないです。

 

凝固に関してはどちらも同条件、同場所で保管してましたがキシラデ16リットルは10ヶ月を超えたあたりから段々ゼリー状のようなものが確認できました。

ただし、この現象は一度16リットル缶を使用した時のみであり、その後はウッドステインプロに切り替えてしまったので確実ではありません。

4リットル缶では確認できませんでした。

きちんと密閉はしていたつもりですが空気に触れる時間が長いとその現象が起きるのかもしれません。

 

ウッドステインプロ16リットルでは今のところゼリー状になったことはありません。
というわけで無塗装の状態から塗装するならキシラデコール、一度でも塗装済であればウッドステインプロをお勧めします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ponchonをフォローする
シミワタルゼ!2nd