庭(ガーデニング)

【冬ガーデニング】軽めに水やりしてたら見覚えのない植物を見つける

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

冬の間も晴れが続くときは常緑樹をメインに軽く水やりしてます。

この時期は蕾チェックをしてるんだけど散歩してる人から見たら

オッサンがシャワーヘッドを右手に持ち口を開けながら蕾をずっと見つめてる

って結構な恐怖映像だろうな~と。

まあ実際、

お前元気なのかい?今シーズンやれるのかい?どっちなんだい?!

って普通に会話してますからあながち間違いではないですね。

で、見覚えのないのがいつの間にか生えてまして。

これなんだっけ・・近くにあるヤマモミジの蕾のつき方じゃないし。

葉もこれしか付いてないのでヒントが少なく今のところ分かりません。

花が咲けば分かるかも。

あと月桂樹の左のコレ。

なんかの雑草が木質化したのか月桂樹なのか。

月桂樹と葉が似てるような気がしないでもない。

左:謎の木 右:月桂樹

いざとなったらバチヅルですぐ抜けるのでもう少し様子見します。

木質化した雑草の根っこ抜きにバチヅルが大活躍
昨年から名称不明な雑草が木質化してて綺麗な花でも咲いてくれれば残そうと思ってたけどずっと葉だけなので抜くことにしました。 ここまでは剪定時と同じ手鋸と剪定ばさみで 枯らしたら庭の肥料として使います。 ...

最盛期はジャングル状態なので今回みたいな謎木がいても気づきにくいのです。

芝生の草抜きをしてても地面の温度が上がっているのを実感してきました。

GR2代わりに買ったiphone13proでの撮影も非常に楽しみです。

マクロモードで撮ると成長過程がより詳細に記録できそう。

では。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ponchonをフォローする
シミワタルゼ!2nd

コメント