【鹿島沖海釣り】エビで鯛を釣ってきました(紅牙タイテンヤSS 5号 ケイムラ使用)

Instagram

深夜2時起きで茨城県鹿島港へ。

3時到着で出航は4時半なので車で少し仮眠。

夜の港や工場は雰囲気良いですね。

いよいよ乗船。

海の船釣りは20年ぶりくらい。

その際は船酔いで吐いてしまったので酔い止めも飲みました。

海釣りウェアを持ってないのでいつも使ってる登山用のパタゴニアゴアジャケット。

帰った後はすぐに洗濯しました。

パタゴニアでもフライフィッシング向けは販売されてますけどね。

30分ほどぶっ飛ばしてポイントへ到着

ことわざ通り海老で鯛を釣るみたいです。

まず尻尾を手で切って針を通すみたいだけど初心者にはそれが怖い。

でもやるしかないのでビクビクしながら取り付けました。

画像ボケちゃいました。


まずすぐに外道のサバゲット。

場所はここです。

遠目に鹿島スタジアムをみながらの釣りはファンとして気分がいいです。

が、この後船酔いにかかってしまい2時間ほどダウン。

最後には吐いてしまいましたが釣り再開できるくらいまで回復しました。

仕掛けを先日買ったタイ専用テンヤにチェンジ

これが良かったのかすぐに本命が連れました。

ハナダイだそうです。

一緒に行った職場同僚も全く同じテンヤにしたら続けてハナダイを釣ってました。

ケイムラ色がいいみたいですね。

釣果ハナダイ2匹、サバ1匹。

2時間離脱が響き一番少ないです。

一緒に乗船してた人は 他にホウボウ・カレイ・カサゴ・ソイ・ショウサイフグ
・メバルを釣ってましたね。

フグは僕の横で船長が速攻で切り落としてましたが直視できませんでした。

技術がないため血抜きと神経締めは同僚にやってもらいました。

怖くて僕には出来そうにないですね。

下船後はおばちゃんがカレーを用意してくれてました。

吐いて腹ペコってのもあってくそうまかったー

お土産でシラスもくれました。

久しぶりの海釣りでしたが引き揚げる際の何が出るかな感が面白かったです。

バス釣りだとギル、ナマズ、雷魚等、数種類くらいしか想像できませんからね。

てか船酔い克服できる自信がないのですが。

船釣りはそれが怖い。

渓流釣りもずっとやりたくて出来てないのでいつかしてみたいですね~。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)
トップへ戻る