【往復32キロ】屋外放置でサビサビだった自転車を蘇らせて自転車通勤計画|田んぼ道走行必須

Instagram

すっかり乗らなくなっていたキャノンデール自転車を庭のオブジェとして再利用して早2年

【外構】Cannondale (キャノンデール)Roadwarrior 600を庭のオブジェとして再利用|自転車を庭に飾りました
【外構】Cannondale (キャノンデール)Roadwarrior 600を庭のオブジェとして再利用|自転車を庭に飾りました
こちらの続き 買った材料は全ネジボルト1mを4本800円これだけ 前後輪を挟むように2本ずつ埋め込み...

エゴノキも自転車を優しく包み込むように成長。

ずっと屋外放置だったので近くで見ると苔やサビが目立ちます。

転職で職場まで近くなったこともあり、これを通勤用に復活させたいと考えています。

早速先日購入したピカールで磨きここまでサビがとれました。

タイヤもチューブも1日経っても抜けず奇跡的に問題なし

というわけで娘たちとテスト走行

シフトレバーの操作性はかなり悪くなってたので交換必須だけどそれ以外はまだイケます。

この状態でも平坦な道なら25km走行が可能。

部品関係は本来総取っ換えすべきなんだろうけど節約もかねて壊れたら取り換えるスタイルで行こうかと。

職場までの片道距離は約16km。

車だと30分、自転車だと時速25km位では走れ、信号もほとんどないので1時間弱でつく計算。

ただ田んぼ道や土手沿いを通ることになり夜間は真っ暗なのでライトはいいものを買おうと思ってます。

現在検討してるのはVOLT800

とりあえずはこのサドルカバーを買いました。

1時間も乗っているとお尻が痛くなるので。

職場にはシャワーも完備されており出勤前にさっぱりできるのでありがたい限り。

自転車置き場もあり、恵まれた環境なのでこれを機に脂肪もガソリン代も減らしていきたいですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)
トップへ戻る