BESSワンダーデバイスファントムマスクの壁面初DIY塗装|キシラデコール等使用道具についても

Instagram

住み始めたのが2012年11月ですので約一年ぶりの塗装です。

前回は業者施工なので初めての塗装となります。

夏くらいから外壁の塗料が薄れてきているような気がしてはいたのですが薪切ったり庭づくりで手が回らず結局今になってしまいました。

ベスや業者に頼むと数十万かかるらしくそんなお金はもちろんないのでDIY塗装です。

↓作業途中(上部分やライト周辺が未塗装)


↓残り僅か

↓完成!


↓ウッドフェンスと同じ色なのに塗装直後だからか結構違いますね。

スポンサードリンク

使用道具について

塗料

2回塗りを了承でキシラデコールのピニー

これにした理由はいつでもどこでも入手できる安定性の高さとウッドフェンスと同じカラーにしたかったからです。

大体4リットルくらい使用しました。

ペイントローラー

延長棒(継柄)4メートル

②に接続。


↑これがあることによって数十万という足場代を浮かせることができています。

ちなみに僕はジョイフルホンダで購入した物を使っています。

使い捨て手袋

いくつか試したけどいつも愛用してるのはニトリルグローブ。

ささくれ等の突き刺しにもある程度耐久性があります。

塗料入れ

専用品でなく100均にあるような小さいバケツでも十分だと思います。

雑巾

飛び散った時にすぐ拭く用

↑細かい所用に小さいローラーも使いました。

これも一つの延長棒にセットできます。

4メートルの延長棒+私の身長170cmで手を目一杯伸ばせば一番上まで塗装出来ましたが段々腕がしんどくなってきたので40cm程度の踏み台を使用したら楽に出来ました。

塗装は初体験なのでもちろんムラ等はあると思いますが問題なく完了しました。

ただ一つ皆さんからしたら非常識なことはマスキングをしませんでした。

理由はめんどくさく時間がかかることと万が一ライト等に塗料が付いてしまっても

塗料落とし(うすめ液)

を使用すればほぼ落とせるからです。

今回も多少ライトや窓に付着しましたが雑巾+塗料落としできれいに落とせました。

ウッドデッキにも付きましたがすぐに拭けばとれましたしもし乾燥して取れなくなってしまってもまた近いうちに再塗装するので気にしてません。

他の塗料はわかりませんがキシラデコールは少しずつローラーに染み込ませれば塗料が垂れることはなかったです。これはスポンジの性能に因るのかもしれません。

でもさすがにウッドデッキを含む足元全体はブルーシートがあった方が楽でしたので次回からは下に敷きます。

延長棒使用だと上の方は見にくいですが登山用に持っていたニコンの双眼鏡(ちなみにスポーツスターEX)で確認しながら行ったので細部まで塗れているでしょう。

トータル所要時間は6時間程でした。

あっキシラデコール2回塗りでしたね・・・いつも思ってるのですが1回と2回でそんな変わるんですかね。

詳しい方いらっしゃいましたら御教授頂けると嬉しいです。

とりあえずまた気が向いたらやります。

*2017.7.25追記

塗料をウッドステインプロへ切り替えました。

キシラデコール・ウッドステインプロ比較
キシラデコール・ウッドステインプロ比較
2012年から3年間キシラデコールを使用していましたが2015年からはウッドステインプロに切り替え更に3年塗装してきました。 同じ年数...

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)
トップへ戻る