アメリカのような野外据置焚火台を作るとしたらいくらかかるのか

Instagram

外構の方に聞いたところ例えば1立米の大きさで焚火台を作るとしたら耐火レンガや耐火セメント使用で大体7万くらいかかると言われました。

高いのか安いのかわかりませんが自分で作れるような気もするし今後どのくらい焚火&bbqにハマるかわからないのでとりあえず先日購入したスノーピーク焚火台を使用して様子を見ることにしました。

これなら持ち運び自由なので夜間でも横のお寺に貸出している駐車場のど真ん中で使うことができます。

ここなら一番近い家からも30m程度離れているため相当騒がなければ迷惑にはならないはず。

もっとも学生時のような元気もないのでそんなことはしませんが。
BBQ合間のサッカー対決はしたいですね(もちろん迷惑にならない程度に)。

東側に住宅が何軒かあることから予期せぬ意見もあるかもしれませんのでとりあえずは現状のまま行きます!

関連記事:

スノーピーク焚き火台L購入とアメリカ焚き火事情について
スノーピーク焚き火台L購入とアメリカ焚き火事情について
楽天セールで薪ストーブグッズをまとめ買いしました。 ストーブポリッシュと着火剤は1001円! 焚火台もついに購入しました...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)
トップへ戻る