生活

公共施設の命名権公募に選ばれて市長とくす玉を割りとテープカットをした件

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

ちょっと前というか大分前というか8年前ですが。

地元駅前駐輪場の名称公募に応募したところ応募数200件超の中、なぜか最優秀賞を頂き竣工式に招待されました。

人生初の来賓として・・命名者とのことで最前列に案内されました。

受付時から部長クラスの方にもてなされ。

式典中は専属スタッフの方に付き添われ。

至れり尽くせりでしたが、そんな経験はじめてなので段々恥ずかしくなり。

ここでいきなりダッシュして逃げ出したらどうなるのか?

あんなにニコニコしてた専属スタッフは鬼の形相で追いかけてくるのか?

その後村八分にされるのか?

そもそも全身パタゴニアで参上してたらお前帰れと言われたのか?

と想像したり。

で、市長から賞状を頂いたり。

市の神々達とテープカットしたり

市の神々達と記念写真を撮ったり。

 

そして気になる副賞ですが・・・・・

10万円!!!

相当の自転車笑

駐輪場なだけに。

てっきりこちらで選べるのかと、キャノンデールのCAADシリーズに決めて楽しみに連絡を待っていたのですが既に決まっていたようです。

駐輪場生涯利用券も期待してましたが。

でも調達頂きありがとうございます。

駅の案内板やグーグルマップ上に僕が考えた施設名が載ってるって凄い不思議な気分です。

とりあえず命名者の特権として、

この駐輪場名付けたの俺なんすよ

って受付のおっちゃんに一度でいいから言ってみたいです。

こんなこともう一生ないでしょう。

いい経験になりました。

今後もし今回のようなことがあったら、前代未聞の大脱走劇をyoutube or 17LIVEでライブ配信まではとりあえず妄想してます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ponchonをフォローする
シミワタルゼ!2nd

コメント