生活

日立製洗濯乾燥機洗濯槽内にヒモ(紐)が挟まった際の修理代と抜き方

10年以上愛用しているパタゴニアのウルトラショーツ

ある日洗濯ネットに入れないで回したら翌日朝・・・

穴に吸い込まれてしまって角度変えて引っ張っても全く取れなくなってしまいました。

ボケてしまいましたが元々はこのように先端処理がされてます。

 

ハサミでこの部分を切るのは全く構わないもののホントにそのようにして大丈夫なのか不安があったためサポセンへ聞いてみることに。

 

「一度分解して調べる必要がありますので出張費も含めて15000円かかります。」

 

いやいやいや高過ぎ。。

 

このショーツより高い。

 

故障ではないので保証適用にはならないようです。

 

まあ説明書に紐は縛ってくださいって記載されてますからね。

 

で、どうせ修理依頼するならもう一度回したら何か起きるかもと考え、この日は断りました。

 

そして、翌日・・

復活

 

あんなに取れなかった穴から勝手に脱出してました。

 

先端はとれてしまいましたが糸くずフィルターで回収できました(汚いので画像は自粛)。

 

すぐに修理依頼しないで良かったです。

 

同じ症状の方、一度お試しください。

(何かあっても責任はとれません)

 

関連記事:

日立ドラム式洗濯機のほこりの取り方をサービスマンに教えてもらいました

【日立ドラム式洗濯乾燥機】乾燥が終わらない、生乾きで臭いときは乾燥フィルター裏側も洗うと改善するかも