【DIY】車のボディのひっかき傷をタッチアップペンでほぼ分からないレベルに補修しました

Instagram

今日地元のタイヤ屋さんでタイヤの取り外しをしてもらいまして。

事前にHP見たら支払いでペイペイがあったので

「ペイペイでお願いします。」

って言ったら店員の目が点に

どうやらその方は店長でペイペイを処理できるスタッフが今日はいないとのこと。



ペイペイマークのステッカーレジに貼ってありますし、twitterでもペイペイ始めました!って呟いてますから。

特定の人がいないと支払えないってのはちょっとまずいかと。



もうしょうがないから僕がペイペイのやり方を教えながら支払いをしました。

最後に支払いの画面見せて納得してもらいましたが今度はペイペイで払った際のレシートの出し方がわからないと。

流石にそのやり方は分からないので大丈夫ですって言って帰りました。

というか100億円CP第二弾はもう終わってしまってましたね。

これならカード払いでよかったかも笑

店長さんテンパらせてすみません。

スポンサードリンク

深い傷がいつの間にか

新車購入して3か月、ガッツリいかれました。

水かけても一時的に消えないのでかなり傷は深い。

どこでやられたのか全く分からない。

スーパー?

走行中になんか当たった?

黒だから目立ちますね。

板金屋に持ってけば簡単に直るレベルではありますが今後も

こんなのが多そうなので勉強も兼ねて自分で直すことにしました。

用意したもの

マスキングテープ、耐水サンドペーパー、シリコンオフ、タッチアップペン黒(ホンダ用)

タッチアップペンクリアー

コンパウンド

液体コンパウンド9800

基本的に記載した順に処理します(コンパウンドやサンドペーパーは各工程で使います)がこの辺は99工房さんの公式HPで見てもらった方が分かりやすいです。

近くから見ても目立たない線キズ・引っかきキズの補修(ボディ)|車の傷のDIY補修・塗装なら補修ナビ
自動車の傷のDIY補修・塗装をサポートする。近くから見ても目立たない線キズ・引っかきキズの補修(ボディ)ページ。バンパーやボディ、アルミホイールのキズの補修や塗料・塗装方法をご紹介。車の傷のDIY補修・塗装なら補修ナビ。

この通りにやりました。

処理するうちに段々目立たなくなってきて・・

最終的に初めての素人でもここまで直せました。

もう写真ではわからないレベル

ここです

よーく見ないとわかりません。

晴れた日にも確認してみました。

ここ。

白い線は反射した駐車場のチョークです。

うっすらボヤけてはいますがやはり30㎝位近づかないとわかりません


ここでもう一度ビフォー

かなり満足です。

もう一回位やり直せば完璧気づかない位にはできそうですがトータル5時間やって疲れてしまいましたのでこれにて完了とします。。

コツとしてはタッチアップペンの膨らみを如何にしてなくすか。

耐水サンドペーパー600番で削る際に何度も水をかけて指で確認しながら仕上げました。

あと公式ではクリアーペンのことは書いてないけどパール・メタリック色なら塗っといた方がより自然に見えると思います。

後日、仲の良いディーラー営業に見せたところ「板金屋か!」とお褒めの言葉を頂きました。

この方にはタッチアップペン黒とクリアーだけ塗っとけば充分と言われてましたがそれだと満足できませんでしたね。



一度やり方を覚えてしまえばまた擦っても自分で直せるので気が楽になりました!

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)
トップへ戻る