【DIY】配管用品を使った傘立て(傘置き)の作り方|材料費1000円未満で結構オシャレ

Instagram

傘立てがない我が家。

毎回雨天時にはこういう状態になって壁にも見た目も良くないのでDIYで作ってみました。

材料

ステンサドルバンド

引っ掛けは配管用具のステンサドルバンド32aをジョイフルホンダで購入(最後に類似品のリンクを貼ってあります)。

一個税込66円×4=264円。

△ボケちゃってすみません。

余ってた杉材

サドルバンドを直接取り付けて終了って案もあったけど、それでは何だかつまらないので余ってた杉材に取り付けました。

サイズ約45×15×450mm

塗装はBRIWAXの下記カラー


下地としてこちらも使用しました

安価な杉材なのでこの大きさならどのホームセンターでも数百円以内で買えるかと思います。

下準備

4か所に等間隔になるよう取り付け。

適当な性格なので計測することなく目視で位置を決めました。

なので多少はズレてると思います。

8箇所ビス止め完了

続いて杉材3箇所に下穴を開けます。

これも計測面倒なので適当です。

中央

取り付け

玄関ポーチのここに取り付けました

なかなかカッコいいかと思います。

早速傘を入れてみました。

いい感じ。

柄の大きな傘も収まるように余裕のある大きさにしてます

大きい方が子どもも入れやすいですしね。

この位置にした理由

薪ストーブのためです。

オフシーズンは自転車を置いてるだけなのでここのスペースにも置くことはできます。

しかし、シーズンインすると・・・

このスペースは全くなくなります。

それとドアを開けても干渉しない場所にする必要もありここしかありませんでした。

まとめ

この後早速雨が降り実践となりましたが、問題なく使えてます。

子どもにもちょうどいい高さのようで一人で引っ掛けられました。

こんな安く作れるならもっと早くに作ればよかったと思っています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アカギ ステンサドルバンド10452-0060 32A 1個
価格:41円(税込、送料別) (2017/8/21時点)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)
トップへ戻る