車関係

旧型ユーザーが新型ステップワゴンに試乗したけど買い替えはなし

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

ステップワゴンRP5系(スパーダハイブリッドG・EX)

ユーザーですが、先日新型モデルの試乗をしてきました。

試乗車はe:HEV SPADAです。

スポンサーリンク

結論:買い替えはなし

40分程乗りましたが結論から言うと、次の理由で買い替えなしです。

1.RP5と比べて走行性能に違いを感じない

2.燃費も変わらない

3.乗り出し400万

4.明確に変わったのは2列目のみ

5.旧型わくわくゲートにプレ値がつくと信じてる

RP5と比べて走行性能に違いを感じない

最も期待してた加速(トルク)ですがRP5と違いをあまり感じられませんでした。

メーター周りはスッキリしました。インフォメーションディスプレイはどこ?!

営業の方も入庫したばかりで分からない様子。

シフトセレクターがボタン式で斬新。S(スポーツ)モードがない。

燃費も変わらない

カタログ値で新型とRP5の燃費がどちらも約20km(WLTC)とほぼ変わりません。

2割位違えばプラスポイントだったけど。

ちなみにRP5は57,000km走って実燃費18.9kmなので満足です。

乗り出し400万

少し頑張ればアルヴェルも視野に入って来る・・

これなら今モデルではあまり見た目の違いが分からないエアーでもいいかも。

明確に変わったのは2列目

今回一番改善されたのは2列目。

キャプテンシートにオットマンがついてるし。

前後だけでなく左右にも移動できるし。

2列目搭乗者からしたら改良ですね。

旧型わくわくゲートにプレ値がつくと信じてる

そもそも廃止となったわくわくゲートにその内プレ値がつくのではないかと思ってます。

不人気とのことで廃止になってしまいましたが、狭い駐車場なんかでは普通に重宝してるのでなぜ人気がないのか分からない。

個人的には左右非対称もダサくないとは思うけど。

世間と感覚ズレてますかね?

ただ、わくわくゲートが壊れたら修理代が高そう・・ってのは同意です。

まとめ

というわけで、全体的に買い替えたくなるような衝動には駆られませんでした。

最近のホンダ車はライバル車に比べて値付けがちょっと高いですね。

走行性能が良くても価格がトヨタ以上なら売れないでしょう。

リセールバリューも差があるし。

トヨタはハリアーを300万を切るビックリ価格で出したりで頑張ってる感があるけど、ホンダは我が道を行くというか諦めてるのか値付けにやる気を感じない。

CR-V、アコード、レジェンド、クラリティPHEV辺りは特に割高感を感じました。

honda-eなんてフィット2台買えてしまうので最初から売る気ないとしか。

シビックタイプRなんかも高いけど、プレ値ついてるから投資目的で買ってる方もいるみたいですね。

購入価格より高く売れたらそりゃ最高ですよね。

僕のわくわくゲート付きRP5も、そんな嬉しい状況になる日を願って舌なめずりをしながら磨き、ピカピカを保ちたいと思います。

信越シリコーンを泡立て時に混ぜて時短洗車
信越シリコーンを購入してから10カ月。 不満と言えば手につくとベタベタになるくらい。 他は満足感の高い状況が続いており、相変わらず週一ペースで洗車してます。 今回、洗車時間を短くできないかなぁと、泡立て時に信越シリコーンを...

さて、今回の新型ステップワゴンは新車販売台数上位のフリード、NBOXの壁を超えられますかね。

我が家にもNBOXあります。

NBOXを購入する
大学時代の友人と会うために麻布十番へ。 セレブ感溢れる街並みに田舎者は圧倒されまくり。 歩く人歩く人がハイスペックパーソンにしか見えませんでした。 大御所お笑い芸人や世界デビュー...

ステップワゴンを検討しているうちにフリード、NBOXに心移りしてしまうお客さんも多いのだとか。

NBOXジャンボなんて揶揄されてるくらいですからね。

NBOXが改良されればされるほど、上位価格帯その他車種が売れなくなるという皮肉・・ホンダの迷走はまだ続きそう。

走行性能はミニバンの中で上位なのは確かですが。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ponchonをフォローする
シミワタルゼ!2nd

コメント