雨水タンクで災害時にもトイレが使えるようにしたい

Instagram

雨水タンクはワンダーデバイス建築時のポイントでもらいました。

容量は忘れてしまいましたがおそらく150リットル以上は貯まりそうです。

これと関連してトイレをグレードアップしてタンクレスにしようと検討しましたが

また大地震などでトイレの水が使えなくなったときに備えてタンク付きのベースモデルに

しました。

これであれば雨が降ることが前提ですが水がストップしてもこの雨水タンクの

水を汲んでタンクに入れれば使えます(多分)。

数日貯めておくこともあるので多少臭うでしょうがトイレが流れるだけでも感謝です。

ちなみに屋根上に降った雨は全て集めているので小雨程度でも数時間降ればすぐに一杯になります。

暑くなると虫がわきそうなのでこの時期は垂れ流し状態にしてます。

トイレは節水モデルも検討しましたが私の計算ではベースモデルとの差額分の元を取るのに

相当な年月が必要であり同じモデルを買い替えた方がマシでしたのでそのままにしました。

車のハイブリッドモデルと同じですね。

まあ我家の周辺は実家の田んぼなのでそこでするっていう手も・・

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)
トップへ戻る