Patagonia アウトドア

【パタゴニア修理】ゴアテックスジャケット圧着剥がれをギアエイド GEAR AID シームグリップ+WPで修復

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

こちらの続き

【ゴアテックス】パタゴニアスーパープルマJKTが9年で壊れ修理不可と言われる、だがしかし
先日2012年製のスーパープルマをニクワックスtech washとwash inで定期メンテしまして。 早速雨の中ガーデニング。 まだまだ使えるな。 って思っていたらあれジッパーを閉めたのに開いてる?! ...

届きました。

早速作業開始。

無印のアイロン台を使用してます。

滑るのでウエイト代わりに水を置いて。

こんな感じ。

一晩放置。

もう一か所を翌日やろうとしたら筆がカッチカチになってたので綿棒で代用。

この範囲だと筆より塗りやすかったです。

更に一晩寝かせて。

さて、直ったか。

片手で開けても大丈夫。無事修復できました。

雨天時にチェック。

こちらもポケット内に浸水することはありませんでした。

ニクワックスTech washとWash inでメンテしてるけど段々撥水しなくなり今はこんなべっちょりだけど防水はちゃんとできてます。

透湿機能の為には撥水させたいところだけど・・・もうお歳なので。

もうすぐフード周辺も剥がれそうなのでそこも近いうちに修復することになるでしょうね。

防水バリアが壊れるまで延命しながら使い続けます。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ponchonをフォローする
シミワタルゼ!2nd