YETI公式サイトからの個人輸入方法|TUNDRAシリーズも激安!!

これまでYETI公式サイトから日本への直輸入はできず、何らかのフォワーダーをかませる必要がありましたがついに直輸入が解禁されました

これにより以前よりも激安価格で手に入れられ、本家サイトなので在庫も豊富とYETIファンにはなんともありがたいことになりました。

今回はその注文の仕方を書いておきます。

スポンサードリンク

発注も日本語でOK

国名変更

▲トップページ右上のアメリカ国旗をクリック

▲下記に変更

  My country:JAPAN

  My currency: Japanese Yen

(ドルでもいけます。)

この画面が出たら買い物を続けるをクリック

発注

▲ほしい商品をカートに入れる。

あとでも書きますが何故か送料一律のためデカいほどお得です

カートに入れたらCHECKOUT

発送先

日本語でOK

JAPANだけ英語標記になってますがこれは発送する際に現地の人が国名だけ間違えないようにするため。

日本にさえ届けば後は漢字でも問題ないですからね。

配送は絶対にヤマトの関税や税金を今すぐ支払うが絶対おススメ

輸入に詳しい人なら実感してると思いますが、日本の関税検査は同じ商品を輸入するにしてもその時々で金額にばらつきがあります。

そういう事情もありこっちの方が精神衛生上いいです。

DHLは配送日数が早いとは言えヤマトと12,566円も差があり全く使えないですね。

支払い

多少手数料は上乗せされるけど買い手保護制度のあるペイパルがおススメです。

完了

注文を送信で完了です。

さあ、あとは約二週間わくわく気分でお待ちください!!

番外編:YETI最大商品の送料は?!

取り扱いの中で最大であるタンドラ350がそもそも輸入できるのかを調べてみました。

輸入可&ヤマト指定で送料1,204!!

絶対赤字!!

タンドラ45と同じ送料なのでバグかな?!

そのうち修正されるんじゃないかと思います。

まあタンドラ45のヤマト送料も激安なので今後直されてしまうんじゃないかと。

以前フォワーダー経由で輸入した時は1万近くしましたからね。

DHLの価格が適正なのかもしれません。

ちなみに▼小物であるランブラーシリーズ送料も同額でした。

送料バグに気づかれる前に早めに買った方がいいかもしれませんね。

この直送サービスによって一番打撃を受けるであろう

日本正規取扱のa&fは今後どうなっちゃうんでしょうか。

まあ元々取扱数も少なく、ランブラーシリーズなんかも結局販売しないままなので

徐々にフェードアウトしてしまうのかもしれません。

現在の商品をみても少なすぎます。

まあ直送サービス開始にあたってYETI側から連絡が来てたと思われるので了承したんでしょうね。

ここの取扱ブランドは洗練されたメーカーばかりなのでYETI取扱がなくなってもそれに代わる新たなブランドを引っ張ってきてほしいですね。

と5/16現在「yeti 輸入」検索でエイアンドエフの下に来るようになったブログオーナーからのエールでした。

*この記事は▼

YETIの輸入は多分moosejaw.comが最安
YETIの輸入は多分moosejaw.comが最安
クーポンありき  アメリカの海外通販って日本とは違ってクーポンが当たり前に存在します。 むしろクーポン使わないと損なレベル。 ...

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)
トップへ戻る