スノーピーク焚き火台L購入とアメリカ焚き火事情について

Instagram

楽天セールで薪ストーブグッズをまとめ買いしました。

ストーブポリッシュと着火剤は1001円!

焚火台もついに購入しました。

検討したのは下記4点。

①ユニフレーム ファイヤグリル

②ロゴス ピラミッドグリル

③輸入品

④スノーピーク 焚火台

①②は実際に店頭で触ったところペラペラに感じたのと③は検索の仕方が悪かったのか↓こんな感じの焚火台しか見つかりませんでした。


輸入したら2万近くかかることもあり輸入も却下。

結局、ありきたりですがガッチリ作られているスノーピークの焚火台にしました。

自宅庭のみで使用のためベースプレートは買ってません&薪しか使用しないので鉄板だけ買いました。


↓でかい薪も入りそうです。


と満足していた翌日こんな画像を見てしまい目を奪われました。

アメリカさんはやることがダイナミック!
こういうの作りたい!


(参考:http://www.houzz.com)

近いうちに外構屋さんと打ち合わせがあるのでうちの庭で作った場合いくらかかるのかとりあえず見積り額を聞いてみます。

*追記:

見積もり出ました

アメリカのような野外据置焚火台を作るとしたらいくらかかるのか
アメリカのような野外据置焚火台を作るとしたらいくらかかるのか
外構の方に聞いたところ例えば1立米の大きさで焚火台を作るとしたら耐火レンガや耐火セメント使用で大体7万くらいかかると言われました。 高...

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)
トップへ戻る