DIY

【電池代200円台】子ども用腕時計 カシオ(CASIO)LRW-200H電池交換をダメもとでやる

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

以前子ども用に買って4年で傷つきまくりのカシオLRW-200Hが電池切れ。

近所の時計屋にお願いすると1500円前後。

新品だと2500円前後。

そんなに価格差がないのでyoutube先生に教わりながら自分でやることにしました。

工具はあったので電池代224円のみ。

壊れても痛くないので気楽にスタート

こういう時は動画で見ると分かりやすいですね。

調べた中でこちらの動画が一番わかりやすかったです。


では開封

何度も動画を巻き戻しながら上部に止まってる銀色の電池をとりまして

新しい金色の電池と交換

結果は・・

秒針が無事に動きました。

今後は自力でできそうです。

食洗器修理のグーグル検索といい今回のyoutubeといい運営元のアルファベットさんには感謝しかない。

愛用しているGW-M5610BC-1JFの二次電池交換は自信がないのでお店にお願いするつもりです。

6年経ったのでそろそろ切れるかも。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ponchonをフォローする
シミワタルゼ!2nd