【一部損認定】BESSワンダーデバイス基礎のひび割れが地震保険の対象となった件

Instagram

コチラの続き

シロアリ業者の床下点検で施工不良とクラックが見つかる
シロアリ業者の床下点検で施工不良とクラックが見つかる
コチラの続き 早速来てもらいました。 やはり庭木下にいたのはヤマトシロアリなようですが建物から大分離れているとのことで ...

えっとまず

施工不良疑惑①

これは接着剤を誤って関係ない箇所に塗ってしまったとのこと。

施工不良疑惑②

断熱材は元通り直しましたとのこと。

なお口頭で伝えられただけなので確認はしてません。

それと半信半疑で依頼した地震保険ですが対象になりました

ただ実地調査では床下は確認せず、外回りだけの調査。

結果、一部損認定。

色々な事例があると思うので該当箇所の写真は載せません。

ただ素人目には良くわからないレベルです。

地震保険は初めての請求だったので分からないことだらけでした。

備忘録代わりに書いておきます。

・自動車保険みたいに保険金を請求しても等級が悪くなるような制度ではない

・業者から見積もりをもらう必要はなし。

・保険会社の実地調査で全損・大半損・小半損・一部損に当てはまれば区分ごとの%を契約金額にかけて算定(例・1000万の契約で一部損(5パーセント)認定だと50万)

・修繕報告不要。ただ次回請求時に直してなければその分は対象とならない。もちろんその修繕してない箇所が原因で被害が広がったと認められる場合も保険金は下りない。

対応は保険会社によって異なるかもしれないので参考まで。

保険金の支払スピードは異常な早さでした。

認定の電話きてから一週間後には振り込み。

これは保険会社によって異なると思うけど。

これは助かります。

これそもそも瑕疵保証の対象にはならないのかとベスに問い合わせたものの

日本語がちょっとアレなので要約するとはつまり

「地震保険の対象となってる時点で瑕疵保証から外れます」

とのこと。

うん、地震に起因する場合は対象にならないのは充分知ってる。

I know I know 。

こちらが聞きたいのは 損害になる前の施工段階に落ち度はなかったのか調査してくれということ。

そしたらこれ

つまり「地震保険の対象となってる時点で瑕疵保証から外れます(2回連続2度目)」

もう埒があかないので直接ハウスジーメンに取り入ってもらおうか。

保険のしくみ:サービスメニュー|ハウスジーメン
ハウスジーメンの提供する「住宅瑕疵担保責任保険」の内容をご案内いたします。

それとも今回は地震保険が下りてしまって事後になっちゃうから無理なのか。

出典:https://www.house-gmen.com/pages/service/kashi_hoken/kashi_01e.html

取り次いでもらう場合は一万かかるみたいですね。

というか瑕疵保険の仕組みも良くわかってないので勉強も兼ねてとりあえず相談してみよっ!

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)
トップへ戻る