【薪ストーブ】ワンダーデバイス室内の湿度を上げるための対策|スチーム式→気化式にした理由も

Instagram

薪ストーブあるあるでシーズン最初の年は風邪を引く方が多いと思います。

僕もその一人。

今まで住んでた実家やアパートは加湿器つけておけば乾燥なんて気にしてなかったんですけどね。

ログに住んで以降冬は常に湿度を気にするようになりました。

水の補給を忘れるとすぐのどがやられます。

我が家ではパナソニックのFE-KFE15という大容量モデルをリビングで使用しています。

既に生産終了になってますが後継モデルがこちら。

木造25畳まで対応していますがやはり吹き抜けになっているので急激には湿度は上がりませんね。

強モードにしたらややマシですがその分やかましいです。

というわけで中モード運転で40パーセントを切る位。

この前に使用していたスチーム加湿器は急激に湿度を上げてくれましたが電気代も急騰してしまったので金銭的理由でヤフオクに流しました。

4000円くらい上がりましたね。

手入れも楽だったので残念ですが。

スチームは象印のEE-RJ50-WAを使用していました。

購入した2014年は9936円で購入したのですが大分値上がりしてますね・・

以上の経緯から気化式に落ち着いていますがどうにかしてあと5パーセント湿度上げたい・・

バスタオルをたっぷり濡らしてウンテイに干してみます

画像は2枚ですが実際は計4枚干してます。

結果:

30分で48%まであがりました。

このくらいになれば快適に過ごせます。

お客さんがいる時はこんなことできませんけどね。

あと湿度を稼ごうとタオルの絞りを甘くするとボタボタ垂れますので気を付けてください。

はい、自分やらかしました笑

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)
トップへ戻る