ミニトマト越冬チャレンジ

薪ストーブで真冬でも30度前後で過ごせるのでもしかして室内に取り込めば冬もトマト食えるんじゃないか

こんな仮説を信じて昨秋に実行に移した越冬チャレンジですが三月初めの現在こちら

更にアップ

すくすく育ってはいるんだけど、実をつけるまではまだまだな様子。

窓から差し込む日だけでは日照不足だったのかも。

晴れてる日はデッキとかに移動させて日光浴させてあげれば違ったのかもしれないけど、

でかくなることを見越して25リットルの土を入れてたのでめちゃめちゃ重い。

億劫になってこの場所から動かさなかったのも育たなかった原因かも。

なんか悔しいので、もう少し暖かくなったらこいつを庭へ植え付けて成長させてまた秋になったら挿し芽して越冬チャレンジしてみます。

トマトは昼と夜の気温差で美味しくなるようなのでこういう甘ったれた環境だとやる気が出ないようで。

そしたらハウス栽培はずっと甘やかした栽培なような気もするけど薪ストーブ稼働室内とは

何かが違うんでしょうね。。

それと昨年、勝手に前年のこぼれ種から十分な量のトマトが勝手に生えてくることが分かったので今年からは種は買わずに増やしていきます。

勝手に生えてくるってなんか庭を気に入ってくれるみたいで嬉しいですよね。

全てF1種だけど味の違いも素人レベルではわからないしまあいいかと。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)
トップへ戻る