薪ストーブ

職場敷地で倒れたケヤキを回収しました

ハンガリー人の同僚と先日下見に行ったケヤキを回収しました。

左が僕の分。

同僚は薪ストックがあまりないのでちょっと多めで。

職場内に薪ストユーザーはあまりいないので助け合いです。

現在安物斧を使ってるというので持参したグレンシュフォシュ450を試しに使ってもらったら切れ味に感動してヘソクリで買うとのことです。

ちなみに薪割は英語でwood chopping、wood splittingどちらでも通じるようです。

オーダーメード輸入看板作成の際に迷いながらwood choppingにしてたので謎が解けて良かった。

というか雨上がりでドア開けたら蚊が数十匹寄ってきたのでアースジェット持っていけば良かったです。

その日のうちに処理しました。

チェーンソーで出た薪屑はこのままにしててもいつの間にかなくなるけど我が家では庭木や野菜の肥料にしてますよ。

効果があるのかは分からないので自己満だけど。

庭なんて自分の好きなように気持ちいいようにやっていけばいいんですよ。

仕事じゃないので。